派遣社員として調剤薬局薬剤師で働くということは?

調剤薬局薬剤師の雇用形態としては、「薬局に就職する」という正社員や、薬局から直接パート・アルバイトとして雇用される形があります。
調剤薬局薬剤師の派遣とは、派遣会社の社員として、派遣先の調剤薬局に出向いて働く、という形になります。
ただ、調剤薬局薬剤師には、派遣会社を利用する人よりも、人材紹介会社を利用して転職するというケースが多いのは事実です。
派遣の調剤薬局薬剤師は、正社員となる場合よりは給料・年収は低めです。
また、紹介予定派遣といって「一定期間は派遣社員として働き、薬局と薬剤師の合意が成立した場合には、正社員となる」という形の派遣も、注目を集めています。
その上で「派遣のほうが良い」という結論が出たならば、派遣という働き方も良いものです。